メリットいっぱい!コワーキングスペース

シェアオフィスについての情報がいっぱい!



オフィスを共同利用するシェアオフィスの普及具合

オフィスを共同利用するシェアオフィスの普及具合 シェアオフィスという業務形態は以前から考えると非常に特殊なものだと言えます。
しかしその新しさとメリット、需要から、近年かなり普及して来ました。
運営されているシェアオフィスの数は、通常の賃貸オフィスと比べるとまだ全体の1%ほど言われていますが、新しく作られるシェアオフィスで計測すると全体の7%ほどと言われています。
これはシェアオフィスやコワーキングスペースといったものを含めた数値ですが、完全に新しい形式にも関わらずこれだけ注目され、作られているという事実は知っておいた方が良い情報と言えます。
なぜこれだけ流行りだしたかといえば、そこはやはりパソコンの普及と、閉塞感からの脱却があるのではないでしょうか。
特にコワーキングスペースと呼ばれる空間では、他者とのコミュニケーションに力を入れているところが多く、場所によっては同じ業種の会社で集めているところもあります。
そういったところでは遠慮もありつつも踏み込んだ商談が成立しやすく、新しい仕事の形を生んでいると言っても過言ではありません。

シェアオフィスを運営する利益を生むビジネスモデエル

シェアオフィスを運営する利益を生むビジネスモデエル シェアオフィスやコワーキングスペースは利益の生みにくい構造と言われています。
使っている人にとっては便利で革新的なサービスと言えますが、貸している側としてはスペースを上手く使えていないとコストが掛かってしまうからです。
せっかくオフィスを用意して綺麗に仕上げ、無線LANや給湯設備などを整えても、使う人が少なければ割りにあいません。
そして少しでも使っている人がいるならばメンテナンスが必要になり、いかに席を埋めるかがシェアオフィスやコワーキングスペースのビジネスモデエルの肝と言えるでしょう。
それは実際に常時埋まっていなくても良いのです。
契約上、平日の日中は借りているとなっていれば実際に席にいなくてもお金は取れる為、貸している側にとっては構わないと言えます。
つまり席を埋めるというよりは、席の契約をたくさん取る努力する必要があり、それがシェアオフィスの課題の一つと言えます。
デザイン性を良くして宣伝するなど、集客に力を入れているところも多くあります。

新着情報

◎2021/4/15

シェアオフィスのセキュリティ
の情報を更新しました。

◎2021/2/12

コミュニティも広がる
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

オフィスを賢く選ぶ方法
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

レンタルオフィスとの違い
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「オフィス 共同」
に関連するツイート
Twitter

オミクロン株にも効果あり 大学との共同研究 紫外線でウイルスを不活性化 フィルター不要 空気除菌装置 医療機関・オフィスなどでも活用されています。

イトーキ、ピクシーダストテクノロジーズと革新的な吸音材「iwasemi(TM)」を搭載したオフィス商品の共同開発を開始:時事ドットコム – 時事通信

弊社出資先のピクシーダストテクノロジーズは株式会社イトーキと「iwasemi™」を搭載したオフィス商品の共同開発を開始しました。

日建設計とジオクリエイツは、リモート下での避難訓練を中心に、さまざまな案内や誘導・検証で役立つVRツールを共同開発し、実際のオフィスで実証実験を開始 ... リンク:

フリーアドレスを導入するオフィスが増えています。打ち合わせや共同作業、偶発的な出会いなど、コミュニケーションは進展する反面、集中したい場合には課題も・・・。そんな時に導入を検討したいのが、ワークブースです。